十和田八幡平撮影紀行

今まで撮影した十和田八幡平の写真、またこれから撮影するのもどんどんアップしていきますので、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

温泉宿の料理

料理


引越しの準備をしていたら、以前知り合いのホテルで

撮影した料理の写真が出てきました。

空腹感もあったせいか取り上げてみました。

今、私事ですがゴタゴタしているので

ゆっくりと温泉につかり、おいしい料理を

たべたいなぁ~


FC2ブログランキング参加中

スポンサーサイト
  1. 2008/03/24(月) 17:12:42|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

八幡平温泉郷その5

後生掛温泉2大湯沼11
Canon EOS-1V EF28-70 CENTURIA SUPER400


後生掛温泉の泥火山で「大湯沼」です。
ここには、東屋もあり大勢の方が訪れます。
活火山だということを実感させられます。




FC2ブログランキング参加中

[八幡平温泉郷その5]の続きを読む
  1. 2007/12/19(水) 17:19:48|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八幡平温泉郷その4

後生掛温泉1

後生掛温泉10
Canon EOS-1V EF28-70 ヴィーナス400

写真に写っている建物が、後生掛温泉です。ここは、オンドル式温泉浴、箱蒸し風呂などがあり通年営業しています。又、温泉宿の脇から続く自然研究路は泥火山のある大湯沼を通って1週することができ、撮影するポイントはたくさんあります。
途中の売店で食べる温泉たまごは、格別ですよ。


後生掛11
Canon EOS-1V EF28-70 RDPⅢ

ここが後生掛温泉の源泉です。何か不気味な感じさえします。上の写真で左側の蒸気の出ている場所です。

後生掛温泉


FC2ブログランキング参加中

  1. 2007/12/16(日) 17:09:28|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八幡平温泉郷その3

温泉マップ

温泉をとりあげていますが、入浴の写真がありませんでした。そこで今回は、鹿角市役所発行のパンフレットをご紹介します。
私も温泉が好きで撮影した後で、よく入るのですが温泉に入りながら写真を撮ったことはありませんでした。
冬の露天風呂は、顔はヒンヤリ、体はポカポカで大変気持ちいいものです。こんな時は、写真を撮るというより写真を忘れてしまいます。(笑)


鹿角市役所
http://www.city.kazuno.akita.jp/




FC2ブログランキング参加中

  1. 2007/12/15(土) 16:20:28|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八幡平温泉郷その2

ふけのゆ温泉  

ふけのゆ温泉1A
Canon EOS-1V EF28-70 RDPⅢ  


標高1100mの温泉地で子宝の湯として知られています。
蒸気の出ているところが源泉で、建物は後ろにあります。現在は、ここから頂上へ続くアスピーテラインが、来年の4月下旬まで冬季閉鎖しています。


ふけのゆ温泉2
Canon EOS-1V EF28-70 RDPⅢ  


ふけの湯温泉からすぐのところに「大谷地湿原」があり、ワタスゲの群生地として知られています。この日は、もう終盤で、白く点々と見えるのがワタスゲです。
ここから長沼を通って頂上までは、約3時間かかります。ただ途中に「クマ出没注意」の看板があり1人で歩くにはちょっと ちゅうちょします。



FC2ブログランキング参加中

  1. 2007/12/14(金) 16:48:54|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

フリーエリア

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
スライドフィルムを多用していますが、最近はデジタルカメラも増えてきてます

気軽にコメントいただければありがたいです
リンクもどうぞ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

FC2チャット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。